植村 香帆×花words
(×シリーズ第19回)

貴方の貴女と花束と

×(カケル)シリーズ第十九弾

植村 香帆

2021/10/16
筆者:中居
文字数 555 写真 6 枚

あなたがその場所に立ち
見つめた景色は
ファインダー越しに私に届く

切ないと思う訳ではないのに
寂しいと思う訳でもないのに
あなたに逢いたい想いが溢れていく
胸の奥から溢れていく

あなたの言葉が届かなくなってから
それからどれくらいの時間を過ごしてきたのだろう
ひとつひとつ遡って言葉を辿れば
その時の優しさに辿りつくけど
気付かなかったこともたくさんあったのだろうね

時の流れを巻き戻すように
重ねた手と手が結ばれる
時の重みを身に纏い
深く深く沈んでいけば
見えるのはただひとつのシルエット

この胸に宿る想いが季節を待つ硬い蕾になっても
この胸に想いがある限り、いつか花開く時が来るよね
その季節を通り過ぎ花開く時を逃しても
私の胸にある限り必ず花開く

笑ってとあなたが言う
笑っている時が君らしいとあなたが言う
二人少しぬるくなったコーヒーを手にして
時間の流れに漂っていた

「笑って」

あなたはまた言う

「笑顔が好きなんだ」

わたしも
あなたの笑顔が好きだよ

植村 香帆さんのページはこちら