The paletteThe Palette

22:00pm

静寂が辺りを染め、木枯らしが街の灯りを包む頃

密かに交差する、色とりどりの集い

優美で華やかなひと時の始まり

今宵の主賓はアナタです。

ゆったりと、緩やかな時間が混ざり合う

赤、青、黄、緑

ぬくもりが隔たりを溶かす、ゆっくりと

溢れる笑みの先には・・・

幻想的な世界が色鮮やかに広がっていた

何かを綴ることに理由はいらない

一つのことを分かち合い、笑い合う

「このドレス、素敵ですね。」

「そうですね!きっと似合うと思います。」

分かち合うことで、物語は続いてゆく

伝わるということは想像以上に夢で溢れている

「私、この味とても好きです。」

「・・・お一ついかがですか?」

少しの間と、はにかんだ笑顔が二人を紡ぐ

縮まった距離の分だけ想像は広がり、最高の隠し味となる

0:00am

決して交わることのなかった物語の続き

いつもの笑顔で、穏やかに、優しく、唇に別れを告げる

その時、どんな色を思い浮かべるのでしょうか

主役は・・・アナタです。