Gravure会員様専用グラビアページ

とある夏の日

テーマは未定の特集撮影、気の赴くままに・・・

木陰の下、おもむろに口を開く 京本さん

「新しいことに挑戦する、そんな夏にしたいと思います」

青空の下

そう言い放ち、地平線の彼方へと駆け出す

眼前に広がる広大なスタジアム

「走ることは苦手ですが、全力で頑張ります」

入念なストレッチ

「小さい頃は、もっと柔らかかったんですよ」と、あどけなく呟く

170度の開脚

世界が180度変わる瞬間・・・

そして、走る

ただ、ひたすらに、がむしゃらに、走る

上がる心拍数、揺れる髪、乱れる呼吸

青空を背負い、どこまでも

「思いっきり走るのは、こんなにも気持ち良かったのですね」

そう言いながら、豪快に水を飲む

普段の姿からは想像できない、新たな一面

額から首筋、胸元へ伝う汗の輝き・・・まさに、ダイヤモンド

夕風にふかれ、今日一日を振り返る

笑顔と、少しの沈黙・・・時間を止める、最高の魔法

「・・・やっぱり私は、客席から誰かを応援する方が好きです」

京本 彩 さん

ご参加ありがとうございました。