小宮 知絵×官能小説
(×シリーズ第6回)

事をここに記す・・・

×(カケル)シリーズ第六弾

小宮 知絵

2020/6/18
筆者:小宮知絵
文字数 1363 写真 5 枚

私はいつものように、コーヒーをソファ席のテーブルに用意していた。

「お洒落なチョコだな」

コーヒーに添えたチョコを見ながら、社長がソファにどっしりと座る。

「有名なショコラティエのものだそうです。美味しそうですよね」

こういう時ばかりは、お互いに少し心が緩み、会話も緩む。

「そうか。じゃあ、君が食べれば良いよ」

「あ、いえ、そういうつもりでは…」

焦る私をよそに、社長がチョコを右手で差し出す。

「遠慮しないで。はい」

手を差し出したままにさせるわけにもいかず、仕方なく受け取ろうとすると、

「違うよ、ほら」

私の手を躱し、私の顔に向けてくる。

「え…」

口にそのまま運ぶことを意味している、とすぐに理解できた。

「ほら」

固唾をのみ恐る恐る近付くと、社長の左手が咄嗟に私の右手を引いたので、勢い良くソファに座り込んでしまった。

「きゃっ」

私の体を支えるようにしながら、社長がチョコを私の口元に添える。

動揺しながらもいざなわれるまま口を少し開けると、上唇と下唇の間にチョコが挟まり、フワッと甘い香りが鼻を抜ける。

「それじゃ入らないだろ。もっと口を開けて」

目を合わせたら最後、その指示には抗えない。

ぎこちなく口を開いていくと、チョコが口の中へ転がった。

「美味しいか?」

パブロフの犬のようにチョコを噛んだものの、味わうことなど到底できないが、

「…はい」

「そうか。良かった」

「…ありがとうございます」

強引に喜びを与えて微笑む社長と、恥ずかしさと喜びを同時に味わうこととなった私。

この瞬間、会社の役職を超えた、社長と私の主従関係が出来上がった。

社長は何食わぬ顔でコーヒーを飲みながら、左手で放心状態の私を弄んだ。

私の膝の上に掌を置き、指先だけで優しく螺旋を描いていく。

ストッキング越しとは言え、肌に触れるか触れないかの感触がこそばゆい。

「あ、あの…社長…」

このままではいけない、と頭では分かっていても、体が動かない。

社長の指が徐々に、膝の内側へ、太腿へ、滑らかに這っていく。

こそばゆさは完全に気持ち良さに変わり、私は全神経を社長の指先に集中させていた。

「…んっ」

更に私の気持ちを昂らせることには、社長はこちらに目もくれず、タブレットを操作しながらコーヒーを飲んでいる。

その姿を見ながら、私の体はどうしようもなく熱くなっていった。

指がスカートの中に入った頃、社長がこちらを向き、指示を下す。

「脚を開いて」

「…そんな…」

「自分で開けないなら、強引に開かせるしかないが…」

そう言ってゆっくり私の右膝を救い上げ、ソファの背もたれ側へ開いていく。

「きゃぁっ」

上半身はソファに寝てしまい、左脚は下に下ろしたまま、右脚は背もたれにかけられる。

物の見事に、社長に向けて脚を大きく広げる体勢となってしまった。

「いやぁっ…やめて…ください…」

「ああ、良い眺めだ。君のこんな下品な格好を見られるとは」

社長は、私のあられもない姿をじっとり眺め、不敵な笑みを浮かべている。

「いやっ…恥ずかしい…見ないで…」

ただ見られているだけの時間は、ひどく私の羞恥心を煽り、ただ見られているだけなのに、思わず吐息が漏れた。

「…んっ。…はぁっ。しゃ…ちょお…」

To be continued…

 

小宮 知絵のページはこちら↓

小宮 知絵

小宮 知絵のTwitterはこちら↓