春河 ゆき×銀座
(×シリーズ第2回)

背後からコツコツコツと近づく美女の音。優しい風が僕を振り向かせる・・・

×(カケル)シリーズ第二弾

春河 ゆき

2020/5/15
筆者:中居
文字数 1322 写真 6 枚

「おまたせしましたっ!!」

乾いた空気に広がる、潤った美声
白いスカートをなびかせて
自然光を纏う姿は一瞬女神のように思えた

今日は彼女の取材という事で
銀座で待ち合わせをしていました。

関わる人を笑顔にする人って本当に実在するのだなと私の少ない記憶に鮮明に刻まれた女性であり
クラブアイリスでも指折りの人気お嬢様で
スタッフ達も彼女から笑顔を貰ったり心が救われた人もいる事でしょう。

いつも差し入れをしてくれる気遣いには本当にスタッフ一同感謝しております。

そんな誰にでも優しいご性格と
人にいろんなものを与えることの出来る稀有な存在
それでいて自分自身も凄く満ち溢れていて
輝いてる姿は多くの人を魅了してしまいます

《誰もがスターなのよ。みんな輝く権利を持っている》

マリリン・モンローの名言を想起させる程
自分という存在を大事にし人生を楽しんでいるそんな素敵な女性だと勝手に思っております。

まさに銀座が似合う女性だと思い
今回銀座での取材を決行し
近くのカフェに座していろいろお話をさせて頂きました。
そんな中で意外なお話に

春河さん「実は私って自分に自信がないんです」

中居「え、そうなんですか?それは意外です、いつも笑顔で明るくて楽しいお話ばかりで満ちてる印象でした」

春河さん「はい、いつも笑っているのはもちろんその時が本当に楽しいからです。でも意識的に明るくしてるのは内から湧く自信のなさから自分を欺く為なんです。」

上記に記した春河ゆき像は私の思う像であり、彼女の本当の姿は弱い自分を変えたいという信念にも似た強い意志を持った1人の女性であった。

春河さん「私は人一倍努力しないと、皆さんみたいに綺麗で居続けたいから、どんな小さな事でも毎日積み重ねていきたいんです」

春河さんのような美も実績も内面も兼ね揃えた女性なのにその思いや考えは常に自分を鼓舞し理想とする像を目指す姿に私は心を打たれました。

春河さん「ジェーン・バーキンって知ってます?」

中居「すいません無知なもので」

春河さん「エルメスのバーキンの由来になった女優さんなんですけど、その方の言葉で″笑い続けましょう、それが10歳若返らせてくれるの″と言ってて私も笑顔を絶やさないようにしよう!と思えてるんです」

春河さん「だから中居さんも笑顔にさせちゃいますねっ!」

中居「えっ」

ドキッとした感覚は久しぶりだ
この感覚はなんだろう、中学生の頃に味わった感覚に似ている
なんだか凄く恥ずかしい

ニッコリと微笑む彼女は
少女のようでそれでいて大人であった。

銀座という誰もが一度は憧れる街で
颯爽に笑顔で歩く女性達

コツコツとする音は
ピンヒールの美女の音であり
コツコツと
直向きに努力する美女達の音なのだ

特別なひと時は銀座デートで大人の嗜みを

以下オフショット

パスタが好きということ
普段は炭水化物はあまり摂取しないように
食事管理はしっかりしてるそうなので
たまに食べる炭水化物が最高に美味しいそうです(笑)
ピザは私とカメラマンで頂きました。

食後のエスプレッソ
美しい女性というのはコーヒーを飲んでるだけでも絵になりますね。

春河ゆきのページはこちら

春河 ゆき