News 未分類

4/13支配人ブログ

4/13支配人ブログ

 

 

世界の終わり、というものはいったいどんな彩をしているのでしょう。

アーティストでない私は語る言葉を持ちませんが、

少なくとも夢想する事は出来ましょう。

 

通勤する景色は変わらず、ただ人波が徐々に引いていく。

街行き交う人の密度だけで、かも景色は色を失うのでしょうか。

色褪せたセピアさえ感じる東京の露頭の中、

上を見上げれば変わらぬ夜空、くりぬいたかのような漆黒の藍。

此処は世界の終わりではないけれど、世界の終りの端かも知れない。

こののっぺりとした夜空が、人を少しずつ吸い上げていくように。

 

都会の景色が錆でおおわれるように、

メトロの席はまばらに埋まる。

 

虫食いのように日常が空虚で侵食されるのならば、

最後に残るのは最愛の貴女であって欲しい。

はだけた服を纏い、微笑み手に手を添える誰かの姿が、

ふと頭を過り、消えてゆきます。

 

そんな戯れ話を語る相手を求め、人は今もなお行き交うのでしょう。

今は寂しく辛くとも、空けぬ夜は無いからこそ。

人は戯れに夢を紡ぐことが出来るのですから。

 

 

■□─━─━─━─━─━─━─━ ♪ ━─━─━─━─━─━─━─━─□■

申し訳ございません、ラインアカウントが更新されましたので

再度こちらからご登録頂けますと幸いでございます。

連日、多くのお問合せ好評を頂き誠に有難うございます。

リアルタイムでお得なキャンペーンや未公開情報を

更新して参りますので、どうぞご期待下さいませ。

 

過去の記事


4/12 支配人ブログはこちら

4/11 支配人ブログはこちら

4/9 支配人ブログはこちら

4/8 支配人ブログはこちら

4/7 支配人ブログはこちら

4/6 支配人ブログはこちら

4/4 支配人ブログはこちら

4/3 支配人ブログはこちら

4/12支配人ブログ

4/12支配人ブログ

申し訳ございません、ラインアカウントが更新されましたので

再度こちらからご登録頂けますと幸いでございます。

連日、多くのお問合せ好評を頂き誠に有難うございます。

リアルタイムでお得なキャンペーンや未公開情報を

更新して参りますので、どうぞご期待下さいませ。

会いたい気持ちはいつも気まぐれに顔を出します

ずっと思い続けてもなかなか会えなかったりすれ違い

ふと思いふと行動に移したとき

偶然にも引き寄せ合う二人

まるで必然であったかのように

運命を感じてしまう女性は常に

ロマンチストで非現実的な事に心が潤っていく

『 思いは、時のいたずら 』

その瞬間は、最高にも最大にもなる

Iris Ladyはいつも傍に・・・

 

過去の記事


4/11 支配人ブログはこちら

4/9 支配人ブログはこちら

4/8 支配人ブログはこちら

4/7 支配人ブログはこちら

4/6 支配人ブログはこちら

4/4 支配人ブログはこちら

4/3 支配人ブログはこちら

4/11

4/11支配人ブログ

コチラのオフィシャルSNSですが・・・

連日、多くのお問合せ好評を頂き誠に有難うございます。

リアルタイムでお得なキャンペーンや未公開情報を

更新して参りますので、どうぞご期待下さいませ。

人と人の密な距離、関係、時間が話題に上がる昨今。

“人”とは何なんだろうと良く考えます。

等しく尊い命と、違う価値観、異なる性。

動く物の動物と1が寄り添うことで完成する人の違い。

きっと、他者を想い、行動、表現すること

そして、顧みて向上心を持つことなのだと思います。

献身的な心持ちに富んだ「小鳥 日菜」さん。

晴れやかな脚先の合間に見えた新世界。

過去の記事


4/9 支配人ブログはこちら

4/8 支配人ブログはこちら

4/7 支配人ブログはこちら

4/6 支配人ブログはこちら

4/4 支配人ブログはこちら

4/3 支配人ブログはこちら

4/9支配人ブログ

4/9支配人ブログ

日頃よりご愛顧頂いております会員様へ・・・。

この度、設立14周年を迎えた当クラブも

大きな転換期を迎えたと、その身に深く実感しております。

新型コロナウイルスの猛威が吹き荒れる以前より

在籍女性、スタッフ間の衛生管理は徹底して参りました。

その結果、本日まで日々の体調管理、申告で異常が確認された

スタッフ、女性が発生していない事に繋がっていると思います。

お電話口から頂く「アイリスなら信用できるよ!」という

皆様より頂くお声を励みに、これからも気を抜く事無く精進し、

これまで以上に、皆様にご満足頂ける「クラブアイリス」へ。

そして、風俗業界の新しい形をご提案出来る様努めて参ります。

4/8支配人ブログ

「ありのままの季節」~小鳥 日菜さん~

いつの間にか過ぎる時間。

いつの間にか変わる景色。

いつの間にか重なる光景。

夕日が彼女の髪を靡かせた。

直線上に散りばめられた恋慕の欠片。

反射した光跡の中に蘇る、あの日の情景。

忘れていた。

優しい微笑み、柔らかい声、穏やかな空気。

いつの間にか恋に落ちる。