4/8支配人ブログ

「ありのままの季節」~小鳥 日菜さん~

いつの間にか過ぎる時間。

いつの間にか変わる景色。

いつの間にか重なる光景。

夕日が彼女の髪を靡かせた。

直線上に散りばめられた恋慕の欠片。

反射した光跡の中に蘇る、あの日の情景。

忘れていた。

優しい微笑み、柔らかい声、穏やかな空気。

いつの間にか恋に落ちる。